どの小学生新聞をとろうか迷っているなら「小学生新聞読み比べ!」。朝日・毎日・読売の小学生新聞を読み比べ、さまざまな視点で比較しています。

読売KODOMO新聞

子供の持つ可能性を楽しみながら伸ばしていってくれそうな視覚的にもインパクトのあるビジュアルや構成・題材で、とくに読む本人であるこどもたちに支持されている読売KODOMO新聞。
「さすが!」と唸るおすすめポイントや「ムムム… 」な残念ポイント、その両方をいかんなく紐解いてみたいと思います。

Sponsored Link

ズバリ?ザッと?知りたい!読売KODOMO新聞(読売KODOMO新聞の特徴)

1週間に起こった出来事を子供の目線で切り取り、十分に噛み砕いた形で掲載される記事は、政治・経済はもちろんのこと、社会・国際問題も豊富に取り上げられていてバランスの良さを感じます。
「おもしろい」「ためになる」を第一にかかげ、子供たちが面白さに引きつけられどんどん内容に引き込まれていくうちに知らないうちに学力やたくさんの知識が身につくように作られているのが特徴です。

知っておきたい最新のニュースのほかにも、固めのニュースや活字ばかりにならないよう所々にテレスポーツ、おしゃれ、テレビの話題などの遊び心のある情報も散りばめられ、とにかく飽きないように編集されています。
字だらけでちょっとうんざりしてしまうような紙面ではなく、ぱらぱらめくって楽しめる雑誌のような感覚で手に取れる新聞です。新聞に慣れ親しみ、小学生でも無理なく新聞を読む習慣がつくように工夫されています。

見逃さずに読んでいる子も多い「話せる英語」をテーマに繰り広げられる「HELLO英会話」というコーナーは、小学校高学年(5〜6年)で必修の英語に対応していて学習にリアルに役立つコーナーとして読者にとくに人気があります。
コーナー記事と合わせて読売新聞の会員制サイト(無料)でネイティブな発音を視聴することができ、目・耳の両方から英語を学ぶことができるようになっています。

また、こども新聞に欠かせない漫画についても、この読売KODOMO新聞にはひと味違った工夫があります。それはなんと「男の子向けと女の子向けそれぞれの漫画がある」ということ。男女にかかわらず楽しめるようになっているのです。

小さなこどもにも関心を持ってもらえるように。そして飽きさせないように。
子供に人気のキャラクターもさまざまなところに登場させたりと、随所に工夫がなされているのが伺えます。

とくに評判がいいのが『名探偵コナン』が時事ワードを解説してくれるコーナー。
こどもに興味を持ってもらえるようにビジュアルにも力を入れ、従来の新聞的ではない斬新なレイアウトが施された特集等、「これは見逃せない!」と思わせてくれるような互換に訴える紙面作りがおおきな特徴と言えそうです。

週1回の発行といえども「えーっと、あのコーナーはどこらへんに載ってたっけ??」となってしまいがちな読者が少しでもすばやく目的の記事やコーナーにたどり着けるよう、一目でなにがどこに載っているのか把握できるように巻頭ページにインデックスが用意されています。
このインデックスには各ページの記事についてのおおまかな見出しと写真が目次として並んでいて、新聞の中身がざっと見渡せるようになっています。雑誌の最初の方にある目次ページみたいな役割ですね。こういった読者を迷わせない配慮も読者を引きつけるひとつの理由かもしれません。

毎日小学生新聞の特徴はこちら | 朝日小学生新聞の特徴はこちら

読売KODOMO新聞の「ここがいいトコロ」

読売KODOMO新聞の「いい」ところとしてまずあげたいのが、この発刊ペース。
この「週1」というペースは、毎日届いても読むのが追いつかないような忙しい子やもともとはあまり新聞に興味が無い子にが購読し始めるには、ちょうどいいようです。
塾通いや習い事で毎日せわしなく追われるように過ごしている子も今の時代、たくさんいます。
そういった家庭にはとくにこの「週1」という発刊ペースが好評です。
毎日読む、という習慣がまだついていない子や低学年の子にとっても、この点はポイント高いのではと思います。

そして、実は大人にも評判高い読売KODOMO新聞。
小学生であっても無理なく理解できるよう「伝わる」「理解できる」といったことをモットーに作られているため、 図版やイラストをふんだんに使いつつ「わかりやすい表現になるまで噛み砕いた」内容を掲載してくれているので、親が一緒になって読んでもかなりためになることが多いようです。一般紙を読んだ限りではイマイチ「??」な分野の話題・ニュースなどは特に、ですね。

読売KODOMO新聞は、ビジュアル面も手がかかっていることでも知られています。ニュースとの距離をぐっと縮めてくれる、大胆に使われたキャラクターや漫画、写真や絵、図は間違いなくこどもの目を一瞬で引き、興味を確実に持ってもらえるような作りになっています。
目にも鮮やかなその構成・紙面作りは「おもしろく、ためになる」小学生新聞を巧みに実現させています。
その一方で、各大学や小学館・進学塾・四谷大塚などの出版社・大手塾の協賛のもと作られている学習欄もとても充実していて、こういった勉強に直結するコーナーをうまく活用しつつ学力をより確かなものにしているお子さんもたくさんいるようです。

毎日小学生新聞のいいところはこちら | 朝日小学生新聞のいいところはこちら

読売KODOMO新聞の「チョット気になる」

ビジュアル面充実とあって、逆に標準的な新聞っぽさはそんなに感じ取れません。他の小学生新聞よりキャラクターが多用されていたり時にはファッション、おしゃれ情報がずいぶんクローズアップされていたりで、若干「こどもの興味を引くだけ??」と思ってしまうような紙面の日も・・・。
小学生向けやティーンズ向けのファッション誌みたいな雑誌、というとわかりやすいかもしれませんね。
でも、もちろんそれだけではないです。
気にする親は気にするでしょうが、たとえそういった「おもしろ面」が突出するような特集をやっている日であったとしても、時事問題その他もろもろニュースもしっかり不足無く載ってます。心配無用です。
でも、こどもに「どの新聞が一番いい?」と朝日・毎日・読売の子供新聞を並べて聞いたら、おそらく多くの子の目がこの読売KODOMO新聞に止まるかも・・・といった感じがしないでもありません。
三大小学生新聞の中でも特に子供受けしそうな小学生新聞といってもまちがいないんじゃないでしょうか。
少し楽しさ重視かなぁといった印象を持つ親もいそうはいそう、です。

毎日小学生新聞の気になるところはこちら | 朝日小学生新聞の気になるところはこちら

読売KODOMO新聞の「へぇ」

栄誉ある!読売KODOMO新聞

読売KODOMO新聞は、世界新聞・ニュース発行者協会が贈る世界青少年読者賞の編集部門で「審査委員会栄誉賞」を受賞したという立派な経歴があります。
輝かしい・・・!

毎日小学生新聞のへぇはこちら | 朝日小学生新聞のへぇはこちら

PAK86_smonitatocode20140517500

読売KODOMO新聞クチコミ大集合

読売KODOMO新聞のクチコミを集めました。

口コミ・感想を投稿する

口コミ・感想

小学生新聞 2017人気ランキング

ranking_01朝日小学生新聞

朝日小学生新聞
人気度 ★★★★☆
発行間隔 毎日発行
月ぎめ価格 1,769
ページ数 8ページ
ここがポイント 「受験の時事問題の対策」に定評あり

朝日小学生新聞のクチコミ

  • ふりがなつきなので、低学年でも自分で読める楽しさがわかるのがよかった。
  • 受験情報が豊富なのが親として助かった。
  • 時事問題も噛み砕いて説明されているので、高学年のときは本当に役に立ったようです。
\ くわしくはこちらをクリック↓ / 学力が向上し、受験に役立つ。朝日小学生新聞。

ranking_02読売KODOMO新聞

読売KODOMO新聞
人気度 ★★★★☆
発行間隔 木曜発行
月ぎめ価格 500
ページ数 20ページ
ここがポイント 「インパクト大の紙面ビジュアル」に子供も釘付け

読売KODOMO新聞のクチコミ

  • 週1回、500円という「気軽さ」が続けられた秘訣かもしれない。
  • まずビジュアルに凝っている点が子供の興味を引いていたようですが、その流れでニュースもなんなく読める構成になっていたのがよかった。
\ 楽しみながら読む習慣をつけるなら読売KODOMO新聞がおすすめ! /読売KODOMO新聞をもっとくわしく

ranking_03毎日小学生新聞

毎日小学生新聞
人気度 ★★★☆☆
発行間隔 毎日発行
月ぎめ価格 1,430
ページ数 8ページ(土日12ページ)
ここがポイント 「オモシロ」と「マジメ」のバランス感が◎

毎日小学生新聞のクチコミ

  • いつの間にかニュースや物事をうまく説明できるようになった。
  • 子供の喜ぶような話題と時事問題がバランスよく載っていて小学生・中学生の兄弟両方で活用できた。
\ お楽しみコンテンツと時事問題のバランスが◎ /毎日小学生新聞をもっとくわしく
Sponsored Link

読売KODOMO新聞こぼれ話

小学生新聞 人気ランキング

  • ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ