どの小学生新聞をとろうか迷っているなら「小学生新聞読み比べ!」。朝日・毎日・読売の小学生新聞を読み比べ、さまざまな視点で比較しています。

「小さかったあの子に背ぇ抜かれた...」
後で後悔するよりも、成長期の今、ベストを尽くしてあげよう!
飲みはじめるなら早いうちに。にわかに焦り始めたお母さんへ、毎月300名限定、送料無料で1,980円♪
【今だけ初月71%OFF】子供の成長期応援サプリ「ノビルン」>>詳しくはこちら



【7/31まで】スタディサプリ究極のキャンペーン中
いつも気になってたスタディサプリ、今ならおトクにスタートできる!
【1ヶ月無料利用+Amazon利用券2,000円分】スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

毎日小学生新聞をとるならファミリーセットがお得みたい

a0027_001582_m

毎日新聞を購読しているお宅でこどもに毎日小学生新聞新聞もとろうかなぁと考え中の方は、ファミリーセットで申し込むとお得です。
そのお得度、申込み方法、注意点をまとめました。

Sponsored Link

「ファミリーセット」とは?

毎日新聞と毎日小学生新聞とセットで購読する場合に、通常の2紙の月極価格を合算した額よりお得な「教育用特別価格」で提供するというもの。

「ファミリーセット」のお得度合い

このファミリーセット、適用されるとどのくらい月極価格が変わるのでしょうか?

セット地域:5,617円→5,117円
統合地域:4.673円→4.173円

月500円お得、ということになります。年間にすると6,000円違うとなると、けっこう大きいですよね。

ところで、「セット地域」と「統合地域」って一体なんでしょうか?

毎日新聞には、販売地域によって「セット地域」と「統合地域」があります。

・セット地域=朝刊と夕刊。
・統合地域=セット地域における夕刊の一部の記事を含めた朝刊(統合版)のみ。

「セット地域」は朝刊・夕刊がそれぞれある地域、「統合地域」は朝刊夕刊がわかれていなく統合されたものが1日1回届く地域ということですね。

ファミリーセットが適用されるには、条件がある

毎日新聞を1年以上購読
または
これから1年以上の購読を予定している場合に、毎日小学生新聞を併読すること

これがファミリーセットが適用される条件。

さらに、

毎日小学生新聞の購読が原則1年以上であることと、配達先が同一であることも条件となっています。

申込パターンは3通り

このファミリーセットの申し込みパターンは3通りあります。

・ファミリーセットで毎日新聞と毎日小学生新聞を新規に申し込み
・毎日新聞を新規に申し込み
・毎日小学生新聞を新規に申し込み

3通り、それぞれ申し込みフォームが違うので間違えないようにしましょう。

毎日新聞ファミリーセット購読のお申し込み

例外として、すでに両方を購読している場合は「最寄りの販売店にお問い合わせください」ということがファミリーセットのページに掲載されているので、ファミリーセットではなく別々に申し込んで両方を購読中の場合でも、その旨連絡すればファミリーセットが適用されるのかもしれません。

注意点

どちらかの購読を中止すると、定価に戻ります
これはまあ、そうでしょうね。

Sponsored Link
  • コンテンツ

  • なるほど!

  • ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ